シェアする”たね”プロジェクト Share Seedsとは


”いのちを育むたねを蒔き、つながりを取りもどそう”

  家庭菜園などで自家採種したり、購入したけど使い切れなかった種(在来種・固定種・自家採種)をみんなと分かち合うのが"Share Seeds"。
  自分が自家採種した種を封筒に入れ、たねカードに種の名前や蒔き時期、メッセージなどを書いて、設置されている”たねBOX”に置きます。
 種を持っていなくても、種を蒔き育てる気持ちがあれば、誰でも自由に持っていくことができます。

 受け取った人は、畑やプランターで愛情を込めて育てていきます。
 自家採種した種を繋ぎ、分かち合うことから、人と人、人と自然を繋ぐ、ハワイ発の”シェアするたね”で地球を緑でいっぱいにするプロジェクトです。

シェアする理由があります


“人類の未来は、たねの未来の中にある”

 私たちは、いのちを育むたね(固定種・在来種)を蒔き、自家採種をし、分かち合うことから、次の世代へつないでいくことを希望しています。

 今、種の多様性と未来は危機に瀕しています。日本古来の野菜の「種」が滅びようとしているのです。
 私たちが普段口にしている野菜のほとんどが、F1種(一代交配種)という種であり、地域で何世代にもわたって自家採種されてきた「固定種(在来種)」はほとんど流通されていません。
 固定種とは、固定された形質が親から子へ受け継がれる種のこと。

 蒔いた土地に適応し、その風土に合った子孫を残していくのです。
 たねは人が操作するのではなく、風土や気候に適応しながら野菜となります。
 一粒一粒のたねには多様性があります。
 たねを保存し、シェアすることは私たちの自由。そして誰もが育て収穫できる種、今年も来年も、そして再来年も芽生えるために新たな種を育んでくれる、種はまさに生きる希望です。

『ギフトエコノミーからはじまる幸せの”たね”』

 このプロジェクトのもう一つの目的は、“渡す・与える・分かち合う”という「贈与」で成り立つ仕組みを創造していくこと。

  ギフトエコノミーとは、有機的なつながりをつくり、心豊かなコミュニティを創造することです。

 

  これからの社会には、人がつながり合い、1人ひとりが自分らしく“優しさ”を渡し合うことで成り立つ“命(心)のつながり”が必要だと考えています。