シェアする“たね”プロジェクト


Topics


《都市を耕す!〜Share Seeds実践〜》

◎Farmer'sMarket@UNU

たねBOX設置のお知らせ

開催日時11月19日(日)13時〜16時頃まで
たねの整理に伺います。インフォメーションブース付近にたねBOXを設置予定です。種を交換されにご参加ください。種を入れる封筒が不足していますので、ご持参及び寄付をお願い致します。

ドネーションBOXを設置予定です。活動支援にご協力下さい。 

*10月の様子は、こちら こちら

*9月の様子は、こちら

*8月の様子は、こちら

考える種vol.3
「TOKYO CRAFT MARKET 05」に出展参加!

 詳細は、こちら

《たねBOX設置店 南信州長野でも開始!》

まちの駅 いいちゃん

2017年11月から設置されています。

南信州近郊の皆様、是非、たねの交換にお越しください!

 ←クリック

《たねBOX設置店 青森でも開始!》

アロマ&ロハスの店 Hand Clap

2017年10月から設置されています。

青森市近郊の皆様、是非、たねの交換にお越し下さい!

←クリック

《2017年12月3日 国際有機農業映画祭》

今年の国際有機農業映画祭は、種・食・農について、とても見応えのある映画を上映予定です。本邦初上映の「たね」に注目です!

申し込み等は、下記のサイトより

http://www.yuki-eiga.com

《書籍紹介》

新刊書籍のご案内です。

←クリック

 


《掲載されました》

「自然栽培Vol.4 2015 秋」 タネの秘密 Share Seedsが掲載!

生きるために、いま知っておきたい タネの秘密

「すべての食の源で、なくてはならないもの。そんなタネのことを、私たちはどれほど知っているだろう。タネはいま、どんな状況にあるのだろうか。生きるために、改めてタネを向き合う。」(引用)

「タネをシェアするネットワーク」(37ページ)に、

ShareSeedsの設置店について掲載されています。

種・食・農をつなぐきっかけとなる場が各地で拡がるよう、ShareSeeds活動を進めて参りましょう!

たねの分かち合い方


 ~いのちを育むたねを蒔き、つながりを取りもどそう~

たね

今、たねの多様性と未来は危機に瀕しています。

日本古来の野菜の「種」が絶滅しようとしているのです。

たねは自立と持続可能性の象徴であり、自然界と多様な文化の贈りもの。

持続可能で多様性のある社会を創造し、次の世へ
“希望のたね”を繋いでいくことが私たちに求められています。

詳細は、こちら

シェアするたね


自家採種した“たね”をシェアしよう!

◎たねを贈る人

  1. ”たねカード"(たねのデータ)に”たね”の生い立ちや栽培方法などを記入する
  2. 封筒に、たねの名前(品種名)を記入する
  3. 封をして、“たねBOX”に置く

◎たねを受け取る人

  1. “Thank youカード"(もらうひとのデータ)に必要事項を記入する
    *ノートに記入のも可
  2. ファイルの“たねカード”を参照し、封筒に栽培方法などをメモする
  3. 育てて自家採種できた場合は、再び”たねBOX”へシェア!
  4. たねの輪(環)にご参加ください!
たねBOX

Share Seedsチラシ


ダウンロード
~シェアする“たね”プロジェクト~ 「Share Seedsとは」
シェアする“たね”プロジェクトのチラシです。
ダウンロードしてご自由にご使用ください。
SHARE SEEDSとは(配布用)2.pdf
PDFファイル 251.7 KB
ダウンロード
たねBOXの使い方
たねBOXの使い方が書かれたチラシです。
ダウンロードしてご自由にご使用ください。
説明文書 - たねBOX.pdf
PDFファイル 358.6 KB

たねの交換場所募集!


シェアするたねのプロジェクトは、たねに関心のある方、持続可能な生活に興味のある方など、どなたでも参加できます。

 

  • カフェや雑貨屋さん。地元のコミュニティスペースなどに、たねBOXを置いて、たねをシェアしたいという方

  • たね関連のイベントや、ワークショップを宣伝したい方 

ご連絡はメールフォームよりお願いします。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です